| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

適材適所

お久しぶりです。
また、間が空いてしまいました。
今年はできるだけまめに更新しようかと思います。

今、ガッチリは、“人事異動”中です。
先日、「どこの仕事をやりたいか?」と
意向調査をしてみました。

大方は、昨年と同じとの回答でしたが、
違う仕事をやってみたいという要望や
違う会場に行ってみたいという要望も
ありました。

ガッチリも社会人(一部学生)の集まりです。
みんな色々な特技・才能を持っています。

勤め先にしても
保育士として子供と接している人、
カウンター越しにお客さんと接している人、
介護や福祉関連で働いている人、
社会のインフラ整備に従事している人、様々です。

特技にしても
カメラを得意にする人、
絵が得意な人、
裁縫上手と、これまた様々です。

それぞれの得意とする分野を
この祭に活かせれば、
みんなもっと祭を楽しむことができるだろう。
自分たちの力でまちを面白くすることができると実感できるだろう。

と、考え“人事異動”をやっております。

いよいよ6月、本祭まで3ヶ月半を切りました。
ガッチリミーティングも本腰を入れなくてはいけません。
次回は6月11日(水)19:00~
クロスパル(生涯学習センター)で行います。
ガッチリで無くても興味のある方は是非来てみてください。

written by Sakamottyan
スポンサーサイト

| 思うこと | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前夜祭から一週間

こんばんは。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
ガッチリ記録班のkotaroです。

第5回にいがた総おどり祭前夜祭から早一週間。
万代十字路をはじめとする各会場を通りますと、様々な感動の記憶が思い出され、秋の冷たい風も手伝って少しだけさみしい気持ちになりますね。

そんな中、心温まる日記を見つけましたので、ご紹介します。

昨年、ゲストチームとして遠く滋賀県からご参加いただきました「江州大舞隊」

P9172020.jpg

今年も大きな旗とともにご参加いただき、素晴らしい演舞を披露してくれました。

その江州大舞隊の皆さんをアテンドさせていただいたのが、ガッチリのめぐ姉さん。
江州大舞隊のmorimoriさんのブログに、当日のめぐ姉さんのアテンドぶりが紹介されていて、読みながら、すごく嬉しい気持ちになりました。

ここまで書いてもらえること。ここまで愛されること。
言われたことだけ普通にこなしているだけのアテンドだったら、絶対にないことだと思います。
めぐ姉さんの愛が感じられる文章、本当に嬉しかったなぁ。

別にめぐ姉さんに限ったことではなく、きっとほかのスタッフたちもみんな一生懸命、愛をもって自分の役割、祭り創りをしていたことでしょう。

私が知っているだけでも、米ちゃんは声をからしすぎて別人のような声になっていたし、クララは一人では立てない状態になっていた。

3日目の夜、ガッチリの打ち上げ「酒総踊り」のなんともいえない暖かい雰囲気。

『ガッチリは、同じ志を持った大切な家族』

祭りが終わり、東京に戻らなければならないコメコの目が涙で赤く染まっていたのを見て、そう感じました。

反省会でガッチリのみんなと再開できるのが楽しみです。


文&写真 記録班:kotaro

| 思うこと | 22:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボランティア集めの窓口

ボランティア集め
にいがた総おどり祭りに限らず
どこのお祭り・イベントでも
大変です.

昨日のミーティングでは
当日ボランティアをどう集めるか
作戦会議となりました.

その中でできた意見で
「ボランティアに参加したいのだがどうすればよいのかわからない」
「誰と連絡を撮れば良いのか」
という声をよく聞くというのがありました.

こういわれると正直困惑します.
募集チラシにはしっかり問い合わせ先は書いてあるのですから

でも、よく話を聞いてみると
がっちりメンバーにボランティアに参加したきっかけを聞いてみると
かなり勇気を振り絞って事務局の扉を叩いたという声が大きいです.
連絡先を聞いたけれど、実際に連絡を取るのに1、2ヶ月かかったとか
「ボランティアっていっても何をするのか」
「知り合いも、友達も誰もいない環境の中でうまくやっていけるのだろうか」
そういう不安が事務局の敷居をいっそう高くしているのかもしれません.

先日、コメコがブログにコメントしてくれました.
東京に行っても総おどり祭りのためにがんばってくれている彼女
正直頭の下がる思いです.

これから総おどり祭りへの協力をお願いに
専門学校などを回ります.
ちらしが撒かれ、ポスターが張り出され
大勢の人にボランティア募集を告知していく事になります.
けど、それだけでは不十分だという事は昨日のミーディングで見えてきました.

前にも書いた事ですが、
がっちりの役割とは何か・・・この祭りの面白さを伝える大事な役割があります。
この事を今、しっかりやっていく事が
ボランティア集めの基本となるのではないかと思います。
そして、「ボランティアに加わりたいけれど・・・」
と思っている人たちへの橋渡しの役割も
ボランティアの仕事・役割、雰囲気など
実際に体験している人間として
「加わりたいけど・・・」と思っている人たちに
我々の仲間となってもらうための背中の一押し
そのためにはわれわれがっちりの生の声による
呼びかけが大事なのだと思いました.

チラシに書いてある事務局のバナ君だけが窓口ではありません
がっちり一人一人が広告塔となり窓口となり
我々と一緒に祭りを創ってくれる仲間を集めて行く事が必要だと思います

written by sakamottyan

| 思うこと | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深まる絆

さてさて今日はバレンタインデーですね。
みなさん、本命、義理チョコ、友チョコなどなどたくさん貰いましたか?
私は、会社で貰った義理1個のみです(笑)

でもね、先日の『冬のにいがた総おどり』で、なんと大越さんがガッチリのためにチョコレートケーキを焼いてきてくれました☆

kake.jpg


本人は、「みんな絶対食べてくださいね!」と謙遜していましたが、みんなとっても嬉しかったと思いますよ。
特に男性陣は照れ隠しであまりコメントしませんでしたが、とてもおいしいケーキでした。
ありがとう。
≫ 続きを読む

| 思うこと | 23:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ

今度の日曜日が
冬のにいがた総おどりの本番です。

昨日、最終のガッチリミーティングがありました。
ガッチリの他に当日ボランティアの方が
何人か見えられました。
お忙しい中ありがとうございました。

とりあえず、あの時点で決まったことは
全て説明したのですが
まだ、当日何をすればよいのか
イメージはつかめていないと思います。
実は私も良くつかめていません(爆)。

会場などの調整に手間取って
実際の準備期間は2ヶ月足らず
短い準備期間で手探りで事を進めていく状況は
「第1回の総おどりのようだ」ともいえます。

ですが、第1回と大きく違うのは
「ガッチリ」をはじめとした
祭つくりに直に関わる人が大勢いるということです。
これは、大変心強いことです。

ガッチリをはじめとしたボランティアスタッフの皆さん
当日は祭を楽しみましょう。
特に、初めてボランティアに参加される方は
総おどり祭の雰囲気を味わってください。
我々の・・・というかこの祭の本当の見せ場は
17時〜18時にかけての1部と2部の転換時です。
この時の主役はチームでも踊子でもない
我々スタッフです。
皆さんが持つ「祭を創ろう」魂を思い切り表現してください。

当日は楽しむときはおもいっきり楽しんで
締めるときはおもいっきり締めて
最高のお祭りを創りましょう

ではでは
written by sakamottyan

| 思うこと | 15:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。